カテゴリ:MOVIE( 159 )

マジで?

逆境ナイン映画化!

学生時代、島本先生のマンガに漢を感じた1人ですが、
まさか逆境ナインが映画化?なんて・・・

『炎の転校生』『風の戦士ダン』『燃えるⅤ』『無謀キャプテン』
最近は知らないが『燃えよペン』
等々

島本バイブルはあるのに
何故、『逆境ナイン』なのか?

スクールウォーズに触発されたのか?
ストーリーの流れは近いものがあるからな~

下らない事は分かっていても、
何か知らない引力が俺を映画館に向かわせるかもしれない・・・

島本先生~あなたから卒業できたと思ってたのに、
そりゃーないでしょ!
[PR]

by ipusirom | 2004-09-25 17:31 | MOVIE

シービスケット

実話です。
トビー・マグワイア(ジョニー・レッド・ポラード)
ジェフ・ブリッジス(チャールズ・ハワーズ)
クリス・クーパ(トム・スミス)
出演(役名)

馬は自分より大きな動物の中で一番好きな生き物です。
実は小学生の頃よく乗って(乗せてもらって)ました。
だから少し感情移入してしまったかもしれませんが・・・
良かったです。

前半、紹介してる3人の境遇を描いてるのですが、この辺りはもたもたしてます。
なんとなく掴み辛い感じといいましょうか・・・

3人揃ってから盛り上がってくるわけですが、
最初から上手くいきません。
徐々に色々な事が上手くいきかけてますが、あと1歩のところで
レッドの片目が見えないことが災いしてレースに負けてしまいます。
スミス激怒。裏切られたと。
それを聞いたハワード
“ちょっとの怪我で命あるものを殺すことはない”
と語ります。
これが今回のテーマですが、少し感動。

ここからまだ続きますが、
HPはこちら
で確認お願いします。

アメリカ人のすきなアメリカンドリーム的内容ですが、
風景、馬描写、レース等しっかりしてると思います。
原作はもっと詳しく時代背景、レースを書かれてるみたいなので
機会があったら読んでみたいな。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-23 16:30 | MOVIE

アイ・ロボット

未来ロボット系

ターミネーター(アーノルド・シュワルツネッガー)
ターミネーター2(アーノルド・シュワルツネッガー)
アンドリューNDR114(ロビン・ウィリアムス)
AI(ハーレイ・ジョエル・オスメント)
ターミネーター3(アーノルド・シュワルツネッガー)

そしてアイ・ロボット

くわしくはこちら

そろそろアンドリューの時代は訪れてしまうのですが・・・
家庭用出てきませんね。

感想はこちら
[PR]

by ipusirom | 2004-09-21 01:32 | MOVIE

バイオハザードⅡアポカリプス

ゲーム(カプコン)から生まれた映画ですが、

今回やっと初代の頭から始まった感じです。

前回の1はゲームには無かった内容ですからプロローグですね。

映画HPはこちら

今までのこのシリーズのゲームはプレイしてますが、
新作を買うつもりはありません。
ゲームはもうサッカーゲーム以外は卒業です。
ゲームHPはこちら

感想はこちら
[PR]

by ipusirom | 2004-09-20 23:26 | MOVIE

ロマンシング・ストーン

主な出演
マイケル・ダグラス
キャスリーン・ターナー
監督はなんと
ロバート・ゼメキスです。

内容は「インディー・ジョーンズ」と似てますが、
それの女性版と言った意見が多いようです。
こちらの方が何かと単純です。(たとえば罠とか)

主役はマイケルではありません。
キャスリンの方です。
マイケルは約1/3過ぎてようやく登場です。
しかし、昔でもマイケル・ダグラスはマイケル・ダグラスでした。
ベットシーンがあるとは・・・やはり「危険な情事」

くわしくはこちら手抜きです。
と、言ってもつまらなかった訳ではありません。
冒険活劇は好みだからかもしれないけど・・・

かなり昔「ナイルの宝石」は見ていたのですが、
こちらは見逃してました。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-17 16:05 | MOVIE

ペイチェック

報酬という意味らしいですが、
ある技術者が自分の請けた仕事を依頼終了と同時に記憶を消していくと言う内容です。
早い話ヤバイ仕事です。他社の新開発や誰かの発明を先取りとか。

記憶をなくすシーンで思い出してしまったのは「JM」です。
キアヌ・リーブス、北野武が出演。
自分の脳にデーターを送ってそれを目的の場所に届ける近未来の物語でしたが。
話は逸れましたが・・・

ペイチェックはこちら

内容
[PR]

by ipusirom | 2004-09-17 03:30 | MOVIE

着信アリ

レンタルしてきました。
自分の携帯に自分の電話番号で予告死亡時刻とどんな死に方をするかが
送信されてくると言う現代ならではのホラー映画ですが、
目に見えない何者かにと言う部分が曖昧で
あまり恐いという部分では楽しめませんでした。
呪怨シリーズと一緒ですね。
怪物的な者が出てきて引き込まれてしまうといったパターンが今のホラーなのかな?

この数年で一番恐かったのは個人的には「リング」ですが
これは恐かった!
原因不明が続き、それを一つ一つルートを辿っていき、やっと解決したと思ったら
それが勘違いで、最後に死者がどうして変な顔して死んでたかが分かるのですが
最後にテレビから貞子が出てきて、変な身体の動き、顔が隠れた長い髪。
存在が本当に恐かった。
もっとも続編は全部期待ハズレでしたが・・・

原因を辿って行くという点では「着信アリ」もそうですが、人の殺人シーンが
あんなにはっきり出ては恐怖は半分です。
そういう点では韓国映画の「ボイス」の方が面白かったです。

その韓国ですが「着信アリ」の殺人のルートはなんと韓国から発信されてると言う
パート2があるらしいです。
たしかに最後曖昧に終わりましたが、その辺りが解明されると秋元康が行ってました。
そしてパート3もと匂わせてましたよ。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-15 23:34 | MOVIE

世界の中心で愛をさけぶ

ドラマも最終回をむかえましたね。

小説、映画化、ドラマ化としつこいな。
と思いながらも全部見てしまいました。

小説を読んだのはまだ柴咲コウが感想を載せてない頃だった。
最初のコメントは千葉のとある本屋さんの店長が一押しと書店でピックアップしてたらしい。

柴咲ファンには悪いが、彼女がコメントしてた「こんな恋愛してみたい」
嘘だと思います。
一生に一度、こんな恋愛してみたいって意味なんだろうけど。
俺はしたくない。

だって、死んでしまうんですよ。恋人が。
しかも絶好調な時に。
ふられる方がまだ良い。
もしかしたら自分はまだ一度も本気の恋愛をしてないのかもしれないけど・・・

3つ、目を通してきて、亜紀像と朔太郎像がよく分からなくなってきました。
本読んだのは2年経とうとしてるからかな?
映画とドラマのインターバルは少なかったけど。
また小説読んで、亜紀と朔の感じを再確認しなくては!
やはり原作が基本ですから。
個人的にはそれぞれ楽しめました。

しかし、これを読むとどうしても「ノルウェイの森」を思い出してしまう。
世界の~よりも大人な感じだけどね。

追伸
ドラマの主題歌「かたちあるもの」売れてたのですね。
今日知りました。ラジオで。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-11 02:24 | MOVIE

LOVERS

ネタバレしてます。
よろしければ先にお進みください。

More
[PR]

by ipusirom | 2004-09-06 20:15 | MOVIE