2008第24節vs大分(H)

浦和レッズ 0-0 大分トリニータ



中断明けの緒戦、4位につけている大分との対戦でしたが、どちらかといえば大分の方が格上のような戦いぶりでした。

彼らにはいくつもの戦術があって、それを実行できる選手たちが揃ってる。
それに対してうちは、ハマレば強さを発揮できるが、それが通用しないいと極端に引き気味になり、
相手に支配されはじめる…
前半は対等な内容でしたが、後半は大分の柔軟なサッカーに振りまわれてた。

そしてポンテが交代を言い渡されると、キレた!!
これには2つビックリだ。
まず山田と交代、そしてオジェックにも切れなかったのにここでキレるか??

これには想像だけど攻撃的選手との交代ならあんなに怒らなかったと思う。
山田との交代で監督が引き分け狙いと予想したのだろう。
ホームなのに、上位との対戦で勝てばこの先有利になるチャンスなのに引き分け狙い。
これが彼の怒りの元なのかな?と。

ここ数年のドイツ人監督にブラジル人エースの図式は、悪い流れに進みつつあるので改善しなければならない時期に来てるかもしれない。
[PR]

by ipusirom | 2008-09-14 02:09 | REDS