ナデシコ完全燃焼4位

決勝トーナメントに入り準々決勝で地元中国と対戦し2-0の内容も完勝!
続く準決勝でアメリカと対戦した女子サッカーは2-4の完敗…
3決にまわりドイツに初勝利を目指したが、惜しくも0-2の敗戦。

惜しくもメダルに届かなかった女子サッカー
強豪相手にも果敢に攻め、点差が開いても諦めない姿勢。
パスワークは通用した。対戦した国のどこにも負けてないと思う。
数的優位、選択肢を増やす為の後方からの攻め上がりも良く動いてた。
持ってるものは全部見せたと思える女子サッカーでも、アメリカ、ドイツには敵わなかった。
日本になくてこの2国にあったものは圧倒的なフィジカルの差。
同時にボールを取りにいって倒される日本女子。

家の人は“何で男と試合してるんだ?”をドイツ女子を見て言った。


この大会のナデシコを見て、元日本代表ジーコの言葉を想い出した。
彼は2006W杯終了時に結局フィジカルで負けたと言った。

あの時A代表は今回のナデシコの様な気持ちを見せてくれただろうか?
[PR]

by ipusirom | 2008-08-22 01:05 | SOCCER