東アジア選手権vs韓国

日本 1-1 韓国

得点者
山瀬功治



玉際やクリアーボールを尽く韓国に拾われ、厚みのある攻撃ができたのは、後半の韓国かバテテからだった。

この試合引き分けで日本韓国共に勝ち点5だが、総得点で韓国が上回ってた。
そして、その後の北朝鮮が中国に負けたので韓国が優勝を決めた。

またしても総得点で目の前で優勝を逃した。
韓国とは良い勝負ができるようになったが、やはりゴールセンスではまだまだ及ばない。

今大会で目立ったのは山瀬と決定力と中澤のDF力。
特に中澤は1対1でも負けないし、裏を取られることを恐れていないので守備が攻撃的だ。
そしてバランスが良いポジションどりも、オシムの教えでレベルアップしたのだろうか?
おそらく日本一のDFだろう。
悔しいが総合的に闘莉王は及ばないだろう・・・
勝っているのはビルドアップくらいか?

そして収穫は鹿島勢の田代と内田の成長か?
岡田監督の限り内田は右で定着っぽいな。
田代は矢野を抑えてのスタメン奪取だし。
大会に入ってもFWが故障していたので、田代も矢野もチャンスだったのだが、田代の方が信頼されてるらしい。

安田も中国戦でのファールが大怪我にならず、途中から出場していたので安心したが、
他のサブが思ったより機能していなかったな。
ほぼ固定だったし。

W杯予選で怪我してた選手も戻ってくるだろうから、ボーダーライン上にいた選手でスタメンになりつつあるのは山瀬くらいか?
それにしてもあまりパッとしない大会だったな。
中国戦は熱くなったけどさ・・・
[PR]

by ipusirom | 2008-02-24 14:37 | SOCCER