CWC vsセパハン

セパハン(J優勝枠) 1-3 浦和レッズ(アジア)
得点者
カリミ(80)

永井雄一郎(32) ワシントン(54) オウンゴール(70)



3度目は完膚なきまでに叩きのめして。

試合前に内容では勝っていたなんて、イランのマスメディアがオジェックに質問したが、
やはり試合前に対戦相手をナメタコトを言ってはいけないんだな~

リーグ後半での失速が嘘のように、セカンドボールに対して出だしが良く、セパハンを圧倒。
全員活き活きしてた!
やっぱ相当疲れてたんだね。

両チームとも主力がスタメンに名前が載らなかったが、こちらは左のスペシャリストの相馬が今まで右の平川にポジションを取られてた鬱憤を晴らすかのような活躍。

ワシントンも簡単に味方を使う柔軟さを見せ、後半にはスーパーな個人技で追加点を演出。
セパハンDFもあそこから決められると思わなかったのだろう。

3点目の自殺点も永井の気迫溢れるヘッドに押されたか、無常にもクリアボールがセパハンゴールに。

闘莉王のチョンボで失点してしまったが、闘莉王は前半飛ばして疲れてたなと。

まーこれでイラクのメディアも静かになるだろう。
そして次は待ってろミランだ!!
[PR]

by ipusirom | 2007-12-10 21:50 | REDS