2007 ACL準決 vs城南一和(A)


b0013478_1512725.jpg
城南一和 2-2 浦和レッズ

得点者
モタ(11) キム ドヒョン(81)

田中 達也(53) ポンテ(66)



b0013478_1521031.jpg

お互い動ける時間と動けない時間が交差し、日韓クラブ代表同士の戦いはドロー。

うちだけじゃなくて、城南もお疲れだったのかな?
凄いスローペースで始まったな。
雨の影響かもしれないが、スピーディではなかったね。
この影響は先に失点を許したかもしれないけど、全体的に見れば浦和に有利に働いたと思う。
昨日の選手のコンディションを見るとスピードについていけない部分が多く見られた。

序盤は城南が動きが良く、浦和がボールキープもままならない状態から、ミスで失点。
その後も耐える時間が続いたが、後半も少し過ぎたところから、攻勢に出始めた。
逆転してからは闘莉王の攻撃参加も減り、逆にゴール前に押し込まれるシーンが続き、耐え切れなくなり同点にされてしまった。
ボールを動かされるポイントが自陣になってしまったからね。

アウェイで価値ある2得点で引き分け以上の成績・・・
だろうけど、やはりこの相手には勝っておきたかった。
何故なら互角だから。
疲れがなければ守りきれるだろうが、3週間後はこっちはもっと疲れてるだろう。
勝てるときに勝っておかないと、今度はこっちがホームで痛い目にあう可能性があるからだ。

全北と違って城南はボールも人も動けるし、フィニッシュまで持っていく力がある。
アウェイとか関係なく力を発揮できるだろう。
うちが2得点できるように、城南も埼スタで2得点できる力はあると思う。

今回で分かったことは守りきれないって事、引いたら駄目だ!
2点以下の引き分けで良いと思ったら、何点もとられるだろう。
やはりホームでも勝ちに行くしかない!
計算しだしたらやられる。
決して有利ではないのだ。

それと選手交代のグダグダは勘弁してもらいたい。
頼むよオジェック!!
[PR]

by ipusirom | 2007-10-04 02:56 | REDS