U-22北京五輪最終予選vsサウジアラビア(A)

サウジアラビア 0-0 日本

突発なシステム変更。
平山をとうとう外し、森島にかけた反町監督。
そして2シャドーに家長と水野。
そして右にはもう一人の調子のり世代の内田を投入。

平山か森島は別として真ん中にターゲットマンが居て、両サイドに家長・水野。
見たかった形だけど、この時期にやることか?
ここまで顕著に心の動揺が出てくるって、監督大丈夫か?

最近A代表もU-22も練習でしてない事を本番に持ってくる事多いんですけど?
慣れない事を経験させて頭を鍛えてるのか?
A代表はまだしもU-22は親善試合ではないですよ。


といっても、予選始まるまで理想の強化できなかった事は監督に同情の余地ありですが…
それで結果だけ求められてもーーーーーーねぇーーーーーーーーーー
反町さん、試合後のコメントもオシムを見習ってはぐらかすような事すればいいのに、真面目なんだろうな~
硬い顔で悲壮感が漂ってます。
それだけ、サッカー界のドンにプレッシャーをかけられてるのか?

選手に伝染するので表に出さないほうが良いと思います。
その影響か、森島も柏木も顔が固くなってきてるし…




またもや、一人少なくなった相手に勝ちきれず。

同レベルもしくは相手が上の場合、一人少なってしまうと、引いたチームを相手にするようにゴール前を固められてカウンター狙いでゴール前にスペースがない状態になって、結局アイデア不足で一人多い事を生かしきれないままタイムアップ。

敵地猛暑での勝ち点1は最低限の結果は出た!とは思わない。
なんだかんだ言っても、アジアなんだな~と思う。
勝ちきれなくても、まだまだチャンスはある状態になるんだよね。
ベトナム-カタールもドローで、この試合で日本が勝てなくても、良い雰囲気になってるし。
もしカタールが勝っていたら、もっとバッシングされていただろう。

結局、中東はゴール前まで行ってシュートの精度がメチャクチャ悪くて点が取れず。
東、東南アジアは個人の突破が少なく点が取れず。
韓国はちょっと違うけど、アジア全体では一番バランスが良いと思う。
個人技は中東に及ばず・組織も日本には及ばず。
でも、適材適所に人材が育つし、体格というか芯も強いからね。

話それたけど、カタールもサウジも日本も、はたまたベトナムもチャンスが出てきてしまった状態は嬉しい事なのか?
これからもこのグループは大多数の人が予想するような結果はないかもしれないし、
どこかがコケテ救われるかもしれないし、コケルのが日本かもしれない危うさが存在する。
だからこそ精神的にも勝ちれるぞって事をこのサウジ戦では見せておきたかったと思う。
この先有利な展開に迎えるためにも、監督に余裕を持たせるためにも。

カタールは日本のこの2戦のデータを持ってるなら、アウェイって事もあるだろうし、引き気味にくるだろう。
多分、日本の攻撃は舐められてる。
ゴール前固めれば失点はしないと。
アウェイでドロー狙いでもまだトップだしね。


それと最初は10chで見てたのですが、解説者とピッチサイドレポーターのやりとりがうるさいので、BSに変えました。
彼らはテレビの前で見てる視聴者のようで嫌だ。
仕事しろ。
[PR]

by ipusirom | 2007-09-10 01:43 | SOCCER