心の敗北

今日、勝手にこの人に負けた感じがしてる。

連続登頂の事ではないです。
1年間連続登頂はとても凄い事だけど、
膝を痛めても登り続けて、結果的に怪我を克服してしまった事が自分にはできなかった。

2年前まで、自分も筑波山にはよく登っていた。
社会人だから毎日とはいかないが、少なくとも1ヶ月に1回は登っていた。
しかし、中学時代に部活でやっていたバレーを3年前から再開してから、身体に異変が起きた。
筑波山を登り、頂上から下山する時に決まって、右膝の右側面が痛くなった。
でも、下山して平地になると痛みは消えた。
次の日にも痛みは出なかった。

ひねったのかな?と思い、1ヶ月様子見て、また登りに行ってみた。
そしてまた下山になると痛みが出てきた。
こんな事を数ヶ月繰り返してると、バレーのジャンプと着地の時にも痛みが出てくるようになった。
病院に行っても原因が分らず、いきなりジャンプする回数が増えたからでしょう。
と言われて山登りもバレーもしばらく休んだ。
そして筑波山に足を運ぶ事が億劫になった。
それから2年間で3回しか登ってない。
完全に体力が低下してる事を思い知らされる山登り。
今年はまだ登ってない。
足は治ってるだろうか?
バレーでは足の痛みはでないが、下山する時のあの激痛は半端じゃない。

それを痛みを分ってて登っていき、ついには怪我を克服してしまった会原さんに
自分は勝手に敗北感を感じてしまった。

そして私はこの人に数回、おそらく2,3回会ってる??
おそらく会原さんが登り始めて時だろうか、花や木をカメラで撮影してた人がそうだと思う。
会話も交わした事がある。
まさかあれから、こんな偉業を達成するとは、その時はまったく思わなかったよ。

バレーの方は今年も半分過ぎようとしているのに試合では自分が入ったセットは
何故か負けた事がなく、チームとしても無敗を更新してますが、
中学の頃毎日やってたことって、歳とっても憶えてるんだな~ってか、身体が動くんだな~と関心してるんですが、2年前より体力落ちた事は疑いようのない、悲しい現実なのだ。

新しいデジカメも買ったことだし、久々に筑波山に登りに行ってみようかな!
一つ言える事は、次の日は確実に筋肉痛だろう。

なんか久々に酔っ払って帰ってきてこの記事を目にしたので、
敗北の本音と、ちょっと遠吠え気味なことを書いてしまった。
文章がバラバラなのは酔っ払ってるせいではないけどさ(笑)
[PR]

by ipusirom | 2007-06-27 00:44 | BLOG