第6節vs柏(A)

国立競技場【曇】
【主審】松尾 一
【副審】佐藤 秀明 /小椋 剛

0 - 2

得点者

                                             ワシントン(26)
                                            小野 伸二(38)




前半と後半に同じチームとは思えないほど、後半は守勢にまわり、結果から言えば快勝なんだろうけど、中身は辛勝になってしまうのは今年の恒例になってるようで…

しかし、内容がどうあれ首位の柏に無失点で勝ったのは大きい。
1試合通して前半の闘い方が出来れば満足だけど、
結果を出し続けてるのに苦言ばかりじゃ選手も可哀相である。

ウチの選手は近年オフが少なく、トーナメントタイトルでも常に上位に位置してる。
今年は疲れもピークに来てるのかもしれない。

それを、リーグ開催前に遠征+フィジカルのオーバートレーニング。
フロント&監督批判になってしまうが、オシムの休暇から得るものは何も無いってってコメントを見た事があるけど、スポーツマンには休暇も必要だと思ってるので、今は我慢の時だな。

内容ともわなくてもチームは首位で、エースは得点ランキング単独2位である。
失点は多いが得点も他より獲ってる。
悪い事ばかりでもない。
[PR]

by ipusirom | 2007-04-15 18:19 | REDS