U-21 韓国(H)

国立競技場

        日本        韓国
前半       0   -   1
後半       1   -   0
____________________
トータル   1   -   1
得点者

増田 誓志(74)                                       ヤン・ドンヒョン(45)



最強布陣を組んだわりには、力で負けてたような終わりかたなんですけど??

なーんで日本の選手は相手にボールが渡って、キープされると見入っちゃうんだろう?
Jでの審判のジャッジが影響してるのか?
でもって、こっちは満足にキープさせてくれないし。

極めつけは、中村北斗に対してのチャージ。
危険なチャージだけど、韓国はボールに向かってる証拠。
てか、これにカード出たっけ?
イエローだと思うが、足裏で膝にストンピングだったし。

日本でガツガツいかれなかったのは水野くらいだったんじゃないかな。
下手に飛び込むと、抜かれる可能性があるから相手も警戒して慎重だった。
日本はDFさえキープの時間貰えなかったもんな。

ようは、ボール持つ姿勢に隙があるんだと思う。
そしてトラップ。
もう少し貰い方とトラップ範囲を狭めないと、これからも自由に動けないよね。

それでもこの世代の韓国との差はあまりないと思うけど、決定的に劣ってるのはFWだな。
エースじゃなくても、あれくらいの突破が出来ちゃうんだもん。

しかし、平山が入るとターゲットになるって言うより、前線に蓋がある感じがするんですけど?
U-19の時もそうだったし。
単に平山が悪いわけではないけど、梶山、増田、苔口はゴール前に何回行ったのだろうか?
消えてた時間が多いんですけど。

この試合両サイドは生きてたけど、真ん中はスカスカだったしね。
カレンが入ってからは活性化されたけどさ。

過去最強の中国に2連勝の後、この世代アジア最強の韓国に2分。
イマイチ、強さがハッキリしない日本U-21です。
[PR]

by ipusirom | 2006-11-21 22:34 | SOCCER