EL CLASICO 白は輝きを取り戻す

サンチャゴ・ベルナベウ




    レアル・マドリード      バルセロナ
前半           1  -  0
後半           1  -  0
______________________
トータル     2  -  0

得点者
ラウール(2)
ファン・ニステルローイ(51)



やっぱりエトー不在はかなり響いてる。
ロナウジーニョも好調とは言い難い。

セルヒオ・ラモスが昨年の恨み?を早い時間ではらした。
2分に絶妙なクロスを上げ、昨年怪我により途中退場したラウールがドンピシャのヘッド。
あまりにも美しすぎる得点シーンだった。

早すぎる失点に歯車が狂ったのか、バルサはシュートが枠に行かない。
グジョンセンがまだチームにフィットしてないのか、ゴール前でキープできない、シュート入らないと、
前線で一人だけ浮いてたように見えた。
ラーションがいれば…と言いたくなっちゃうのは我慢。

メッシはキレはあるが、ズルズルとチームの不調とシンクロし、後半は何もできない状態に。

今回はレアルの全員が良かった!
ユーべから加入した選手にも差が出た感じだね。
レアルのエメルソン・カンナバーロは共にチームにフィットし、
バルサのザンブロッタは持ち味を出せず、テュラムは今まで出てなったからな。
マルケスの方が良かったかもしれない。

とりあえずラウルがラウルらしく活き活きしてたのが、安心しましたさ。
ここ数年、一人で前線と中盤を鼓舞してた感があったからね。

深夜、起きてて損無しのゲームでした!


しかし、世界は若いのが活きが良いのう~
メッシといい、ロビーニョといい、セルヒオ・ラモスといい、イニエスタといい…
[PR]

by ipusirom | 2006-10-23 14:29 | SOCCER