21節vs大分(A)

九州石油ドーム
【主審】山西 博文
【副審】原田 秀昭/平野 伸一


     大分トリニータ      浦和レッズ
前半         0   -   1
後半         1   -   1
_______________________
トータル     1   -   2
得点者

高松 大樹(09)                                        ワシントン(76)
高橋 大輔(59)



いつからレッズの右サイドは弱点になっちまったんだ?

左はアレが上がって手薄になるのは分るんだけど、平川はそれほど攻撃に貢献してると思わないが、右から攻め込まれてるシーンが多い。

最近、堀之内がカウンターから1対1で抜かれてる。
堀之内の前がポカーンと広大なスペースができてるんですけど?
あれでは1対1分が悪すぎる。
全体的にバランス悪いと思うのは気のせいか?

今日は大分が良いゲームしたって事で、完敗です。
疲れて足動かなくなるくらい動いて、首位に力勝ちしたんだから気持ちいいだろうな。
松橋、国見で大久保の相棒として活躍してて、選手権決勝まで行ってても、Jからオファーなくて、スカウトの人も見る目ないな?と思っていたら大会後当時J2の大分からスカウトされ、今日もあの頃と変わらず前線を縦横無尽に走ってるの見ると、本人にとって大分に入って良かったんだなと、感傷的になったりしてね。



それにしても伸二はラフプレー多くなったな。
今日も危険なプレー2度ほどやってるし、前節でも後ろから削ってた。
危険なプレー自体は接触するスポーツであるから、しょうがない部分があるけど、見てると明らかにハライセ状態で相手を倒してる事が伸二らしくない。

ここ数試合は良くなってきてるけど、まだまだ自分が描いてる自分に追いついてないんだろうな。
何か精神的にもプレーにも余裕が感じられないだよね。
[PR]

by ipusirom | 2006-08-31 02:25 | REDS