キリンカップサッカー2006 vsブルガリア


          日本       ブルガリア
前半          0  -  1
後半          1  -  1
*************************************
トータル        1  -  2

得点者
             (前半01分)  S・トドロフ
    巻 誠一郎  (後半31分)
             (後半46分)  ヤネフ



接戦になるとは思ってたけど、まさか負けるとはおもわなんだ…
最近ジーコの神通力も効力が薄くなってきた感じがする。

しかし仮想クロアチアというには、優雅にリラックスした感じで試合に臨んだブルガリア。
サイドにも迫力がなく、クロアチアはあんなに攻めさせてくれないでしょう。
今回も強化には乏しい内容でした。
ブルガリアはベストメンバーじゃないし。

相手の事情がどうであれ、
巻はいつものように精力的に動いていても
得点シーンにはボール付近に居る事は賞賛に値する。
運動量もあって、得点感覚も今のFW候補の中では優れてる方だと思うんだけど?

玉田も悪くなかった気もする。
でも、リーグでもそうなんだけどゴールに嫌われまくってる。
あとは得点できれば、ジーコの大好きな貢献度ではNo1だけあって、
23人に入っても自分は賛成なんだけどさ。

もし怪我前の達也がいたなら、巻との2トップで前線からのプレスでポゼッションも増え、運動量でも相手より上回り良いサッカーができそうなんだけどな~

村井大丈夫かな?
リプレイで見ても嫌な足の着き方してたし、軽症だと良いんだけど。
左のバックアッパー中田浩二を選ぶんだったら、試合に出てる村井を選ぶべき。

伸二は良かったけど、相手のプレッシャーがない状態ので、評価にはならない。
プレッシャーの中でパスを捌けるか、得点できるかが、スタメンの近道だから。



DF陣は今更サプライズもないだろうから、今のメンバーで連携、コンディション上げるしかない。
要の中澤も元気ないし…
精神的に立ち直ってないなんて言ってられないので頼むよ!!

とりあえず今回の敗戦が苦い良薬になる事を、1ヶ月後に期待したいよー( ̄へ ̄|||) ウーム
[PR]

by ipusirom | 2006-05-10 00:47 | SOCCER