9節vs清水エスパルス

静岡スタジアム エコパ【曇】
【主審】家本 政明
【副審】唐木田 徹/二俣 敏明




    清水エスパルス       浦和レッドダイヤモンズ
前半           2  -  1
後半           0  -  0
*************************************
トータル         2  -  1

得点者
  マルキーニョス  (前半23分)
   チョ ジェジン  (前半25分)
              (前半42分)  ワシントン




リーグ戦初先取点を奪われてゲームプランが今までと違ってしまった。
序盤で2点差ついては、今のレッズに相手はヒッキーになりますな。
といっても前半は清水は打ち合い挑んできましたから、その時間に得点できた清水の気合勝ちでしょう。

それにあれだけ決定機を外しては勝てる試合も勝てない。
それとミドルシュートが極端に少ない。
中央突破にしてもサイドからクロス上げるにしても殆どワシントン経由では相手に読まれるよ。
失点時のジャッジに不服だったポンテは結局試合終了まで頭に血が上って終了後、退場したみたいだし…
まーこれはこれで伸二の特性が活きるかどうかのテストがポンテ不在に実践できるわけだから、次節の出場停止は個人的にはプラス思考で良かったかな!と。

眠くなったので、一眠りしてから続きを書こう…
[PR]

by ipusirom | 2006-04-22 22:35 | REDS