機動戦士ZガンダムIII~星の鼓動は愛~

春休みに入ってるので平日でも込んでるかな?
と思ったら殆ど貸切でした。
恋人たちから5ヶ月。
今回も懲りずに見てきましたさ!




Ⅰ.Ⅱからの流れでⅢもあまり期待してなかったせいか、
予想を裏切って今回良かったです。
TV版と比べて何かと設定が変わっていて99分飽きることなく見られました。
でも、全ての人に効力があるわけではなく、知ってるから見られるわけで、初ゼータの人達には“やっぱり”分からないだろうな~…

ほぼ戦闘シーン。
エウーゴ、ティターンズ、にハマーンのアクシズがどっちつかずと活躍します。
その為、準主役たちがハーイスピードで戦死していきます。
でも悲しんでる暇もないのです。(シーンもないし)
キャラ達はほぼ感情の無い無機質に戦闘を繰り返します。
唯一、エマの亡くなるシーンだけはテレビ同様ありますが。
カツの(へっへーんそんな弾に当たるかよ!その後隕石に自爆)の名セリフもないし
切に聞きたかったのに(ノ◇≦。)
セリフ無しで自爆。
これではカツの良さが半減です。

b0013478_0391367.jpg全体通してだけど、微妙にキャラの性格がTVと違ってた。
特にカミーユが捻くれ度が低い。
てか優等生だよな…

ラストは賛否両論だろうけど、アンチ程ではないけどZZのホノボノ感はガンダムの世界観に不適切だと思っていたので、私的にはOK!!

b0013478_0421234.jpg追筆
キュベレイはあいあくぁらず美しかった。
プラモデルに手を出してしまいそうになった。
GWにでも造ってしまいそう…
[PR]

by ipusirom | 2006-04-06 00:05 | MOVIE