たった5ヶ月の助っ人

b0013478_4301210.jpg
                                               Photo by ☆たまも
ALCアジアクラブ選手権キップというデッカイ置き土産貰って
本当にありがとう!

お疲れ様でした。
今後の活躍を期待してます。
できることなら、W杯の日本戦でクロアチア代表のユニホームを見たマリッチを見たい!
さらば!記憶に残る赤いサムライよ。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。






天皇杯=優勝
Jリーグ=2位
ナビスコカップ=ベスト4


今年、全てのタイトルでベスト4以上の成績は浦和レッズだけ。
シーズン始まる前からの幾多の困難。
山瀬のマリノス移籍。
アルパイと審判の確執。そして離脱。
エースのエメルソンの電撃移籍。
ネネの怪我。と言うか殆ど出てないが…
坪井の復帰後の調子が戻らず。
序盤、闘莉王の故障続き。
達也の怪我に始まり(肩脱臼)怪我に終わった(足首骨折)のシーズン。
と、殆どがチームの主力のアクシデントが続いたのにも拘らず、これだけの結果が残せたのは、
代わりに出場した選手の頑張り、個人の成長が大きい。
でも、なんと言っても一番チームに変化をもたらしたのは8月に登録されたポンテとマリッチの影響だと思う。
この二人なくして、今回の成績はなかった。
もちろん今シーズン活躍した誰一人かけたとしても叶わなかっただろうけど。

マリッチ…
そんな結果を残した選手が去ってしまうのはなんとも悲しい。
合流して間もない時期に顔面骨折、ガンバ戦のフリーのシュートが無ければ契約更新もあったかもしれない。
天皇杯全試合ゴール、公式戦14ゴールと浦和ではトップスコアラーなんだけどね…

クラブには先見の目が必要であるから、今回のように残念な人事もある。
今年、マリッチが残って活躍する保証は無い。
そして今回加入したワシントンも日本での成績は残してるがレッズにフィットするか?も分からない。

マリッチは去り、ワシントンがレッズのユニホームに袖を通す。
だから私はワシントンを応援します。
[PR]

by ipusirom | 2006-01-03 03:23 | REDS