ヴェルディ戦 HOME

埼玉スタジアム
【主審】松尾 一
【副審】手塚 洋/河合 英治





   浦和レッドダイヤモンズ  vs  東京ヴェルディ1969
前半             1  -  0
後半             3  -  1
*************************************
トータル           4  -  1

得点者
      ポンテ(14)            小林 慶行(70)
     マリッチ(79)
      ポンテ(87)
      闘莉王(89)




この試合、岡野の調子が絶好調でなければ負けてたかも?しれない。
FW登録なのに最後尾まで戻りディフェンスし、そのまま最前線まで駆け上がる。
ヴェルディの左サイド、相馬を殺し、尚且つ自分の持ち味を出した。
ポンテの2点目、チームの3得点目のループが目立った為、ヒーローインタビュー請けてたが、
私の今日のMOMは岡野である。

それに対してレッズの左サイド、アレックス。
代表の試合出た後は必ずと言っていいほど集中力が無い。
換えがいないから、90分出たけど、正直エスクデロと換えてほしかった。
4試合連続得点とか関係ないくらいダメダメだった。

レッズは3点目でヴェルディにトドメを刺した感があったのだけど、本当にトドメを刺したのは松尾主審である。

ps
ポンテのループは芸術的だった○○○
[PR]

by ipusirom | 2005-11-20 23:09 | REDS