ステルス

b0013478_21284326.jpg想像していたストーリーではなかったので、良い意味で裏切られた。
しかし蓋を開けてみれば、ただのアメリカのワガママイパーイの内容でしたね。



新型ステルス機に3人のパイロットが選ばれる。
男二人に女一人。
映画でこういうセッティングだと殆どといっていいほど恋愛感情が芽生える。
これも期待を裏切らず、そういうシチュエーションに。
そしてこれがメインになるとは…

見に行く前は、無人機ステルス、エディが暴走して、それを3人のチームで撃墜すると思っていたんだけど、確かに暴走はした。
2機撃墜されヘンリーは死に、愛する人カーラは北朝鮮に墜落。
ベンの機体も損傷激しく、エディも発火。
ベンはエディを消化し、そのあと説得??に成功して基地に戻る事に。
しかし軍にとっては大事件。
証拠隠滅しようと作戦立案者がエディと生き残りのエースの暗殺に。
寸前のところでかわし、エディに乗って逃げる。
そしてカーラの安否を気にして、北朝鮮に。
今回、北朝鮮はまったく悪くないのに他国領域でやりたい放題。
ロシアでもなく、中国でもなく、墜落したのを北朝鮮にするとは。
世間的に悪の国なら映画みたいな事していいのだろうか?

他の国なら交流あるから、映画みたくややこしくはならないのかな??
どこでも上の人間ってのは・・・アホですな
[PR]

by ipusirom | 2005-10-30 21:55 | MOVIE