川崎戦HOME

埼玉スタジアム2002
【主審】家本 政明
【副審】前島 和彦/石川 恭司





   浦和レッドダイヤモンズ  vs  川崎フロンターレ
前半             2  -  2
後半             1  -  0
*************************************
トータル           3  -  2

得点者
     三都主(08)            ジュニーニョ(37)
     三都主(34)              マルクス(44)
     闘莉王(76)




久しぶりの埼スタに逸る気持ちを抑えきれず、夜中の3時に起きてしまったのである。
ただ、早く寝すぎただけなんだけど…
(20時頃だと思う。気付いたら寝てたので)
そんな訳で、それから眠れずにウィニングイレブンのマイチーム、レッズで勝利しまくりで朝を迎えるのだが…
帰り道、電車で寝過ごして、駅を一つオーバーしたのである(ノ◇≦。)
これはどうでもいいんだけど…

雨の予報も外れてくれて、久しぶりに見た埼スタの芝生美しさに感動~!
しながらの立ち上がり、川崎に6連勝の勢いは見られず、“今日は勝ちだな”と思った。
(30分過ぎからは徐々に勢いづいてくるんだけど)
すばやくPKで1点。
でも、これは可哀想だな川崎にとっては。
PKならその後にペナルティーエリアでマリッチが倒されたやつのほうがPkっぽかったけど。
最初の長谷部の?なイエローから怪しい空気は出てたのだけど、予想通りに黄色、赤色と合計11枚もカードが出た。
ゲームコントロールもあったもんじゃない。
でも、浦和よりなジャッジだったと思う。後半から。
そのせいで柏戦が頭を過ぎり、長谷部へのバックチャージは背中がヒヤッとした。
それと、終了間近の都倉の行為は許せん!

しかし、マリッチ…
ボトルキックはよしてくれー
たしかに見事な切り返しだったけどさ。
サポは分かってるからさ。
コメントは優等生なんだけどなw
[PR]

by ipusirom | 2005-10-30 15:07 | REDS