天使と悪魔

ハ-ヴァ-ド大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。紋章は秘密結社<イルミナティ>一七世紀にガリレオが創設した科学者たちの結社のもので、この世にはもう存在しないはずの伝説の紋章だった。それが男の全裸死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに世界初の大量反物質の生成に成功した科学者。反物質は核の数十倍のエネルギ-を持つが、既に殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持ち込まれたという。


おりしも、ヴァチカンでは新ロ-マ教皇選挙会の当日。だが、次期教皇候補四人が揃って失踪していた。そこへ<イルミナティ>を名のる人物から電話がかかる。かつて科学者を迫害した教会に復讐するため、教皇候補を、一時間に一人ずつ殺して死体をさらしていくというのだ。死体をさらす四つの場所とはどこなのか。反物質はヴァチカンのどこにあるのか。その鍵が一七世紀に書かれた詩に隠されていることに気付いたラングドンは、知力と体力の限りを尽くして、姿なき敵が仕掛けた殺人ゲ-ムに挑む!
                                       *表紙裏面より*




『ダヴィンチ・コード』読んでない人は『天使と悪魔』から読む事をお勧めします。
主人公ロバート・ラングドンの最初の謎解き物語。
(ダビンチ・コードは第2部)

これも『ダヴィンチ・コード』同様専門用語がたくさんでてきます。
宗教の事、建造物の事など、難しい用語が出てきますが、ストーリーに引き込まれますので、気になるようだったら調べながらでも面白く読めると思う。
[PR]

by ipusirom | 2005-07-21 22:12 | BOOK