スカーレットレター

b0013478_16432759.jpg

公式HP



SWを見終わって帰ろうとした時。
上映一覧にふっと目を移してみると“ご冥福をお祈りいたします”と書かれてた。
ここにきたんだ~時間は?あと10分で上映時間だ。なんとーーこれは俺に見ろって事だな!と相棒に見る?と聞いてみると、うんとかえっきたので見てきました。

久しぶりのハン・ソッキュの作品『二重スパイ』以来だ。
『8月のクリスマス』『シュリ』からの楽しみな俳優です。
なーにが四天王だちゅー話ですわぁ。
イ・ウンジュさんの歌は上手かった。
演技もしっかりしてましたし。

映画の方は
夫を殺された?女と、結婚してる刑事にその愛人。
男1人に女3人の心理的な部分が絡んでのストーリー。
複雑で見てて疲れました。

日常に退屈してる写真屋の妻。
お客さんに言葉をかけられ気持ちが浮つく。
店に来てるうちに深い中に。
ある日、買い物から帰ってくると夫が死んでる。そして奥さんは通報する。

刑事には妊娠してる妻がいて何の不満も無く幸せな家庭。
しかし、愛人がいて、しかも妊娠してる。妻と愛人は学友。
刑事に妻を紹介したのは愛人で3人は顔なじみ。
そして妻は浮気してる事を知ってる。

学生の頃、妻と愛人は愛し合っていて、その時1人の男が原因で離れていった。
はじめに男を好きになったのは愛人の方で、どんどん自分から離れていってしまうと思った妻は、その男を自分に向けさせ愛を取り戻そうとしていた。
そして結局二人は夫婦になり妻は意中の人とは離れてしまったと。
刑事はそれを愛人のいまわの際に告白され、結局離婚。

刑事を辞め、女の心理が少し理解して店に向う刑事。
事件の真相は表に出ず、殺されそうになった夫は妻が来た時には頭をから血を流していて呆然としてると夫が意識を回復。
驚いた妻は何故か夫の頭を殴打。
結局、これが致命傷になり死亡。
これが事実。


心理戦なので良いと思う人と良くないって人が極端に分かれる作品ではないかと。
血が苦手な人は見ない方がいいかもしれないです。
私はちと???でした。血も苦手ですから…

これで最後の作品とは悲しいですが
イ・ウンジュさん安らかにおねむり下さい
[PR]

by ipusirom | 2005-07-21 17:42 | MOVIE