コンフェデレーションズカップ2005【ブラジル戦】



          日本   vs   ブラジル
前半           1  -  2
後半           1  -  0
****************************
トータル         2  -  2

得点者
     中村 俊輔(27)      ロビーニョ(10)
     大黒 将志(88)      ロナウジーニョ(32)

一矢報いたね



得点力不足ってやっぱ最後の最後にダメージくるのね…
日本で開催した東アジア選手権の韓国戦の時もドローで優勝を逃し。
今回もベスト4を得失点差で逃した…

得失点差でも並んでたなら、ブラジルは後半もカカ、アドリアーノを下げなかったろうし、エメルソンもスタメンだったろう。
前半押されてはいたが、王者を脅かせるプレーはしてたと思う。
マークのプレッシャーも厚く、上手く身体を使ってボールを自由にさせなかった。
それでも、ロナウジーニョとカカ、アドリアーノはやれてましたが(凄いね)
でも、アドリアーノの強引な突破も見られんかったし、ロビーニョにしても孤立させてしまえばそれほど脅威ではなかった。
DF陣、合格点ではないかと。
特に川口の勇気には賞賛を止まないです。
あの2点はある意味しかたない。
日本は勝ちに行ってたんだから。

後半交代したブラジルの選手はたしかに上手い選手ではあったけど、自分のアピールを優先していた感じがする。
これで中盤構成悪くなって日本にチャンスが増えたんだけど、やっぱりカカが凄いんだなと。
ロナウジーニョはクラブではデコがいて、代表ではカカがいる。
本人も凄いが相棒に恵まれたね。

しかし、今回のジーコは動きが早い。
まさか大黒を後半最初から出すとは思わなかった。
20分過ぎだろう思ってたら、いきなり2人変えてきた。
大黒は納得。
でも、小笠原⇒中田浩は?
遠藤では…
テストも兼ねてたのかな?
まっ、これは良いとして、大黒は凄い。
物怖じしない思いっきりの良い動き。
相手に言われても知らん振り(笑った)
それであの決定力。
おそらく、ジーコはまだ育ててる途中なのでしょう。
とにかく動く大黒は後半の方が相手が嫌がる。と思う。
玉田が後半よりは大黒後半かなと。
玉田がジョーカーというにはあまりのもフィニッシュの精度がお粗末。(最近ね)
90分通して、落差はあるけど攻撃陣も良かったと思う。

この試合は内容も結果も引き分けでした。(国贔屓なしに)
ブラジルのベストメンバーではないにしても、そんなのは相手の失態だから関係ない。

今回のメキシコ、ギリシャ、ブラジルと戦って、一番強かったのはやっぱメキシコかな。
1位通過だからではなく、確実で堅実だから。
あのブラジルに失点なく、日本戦でも修正して勝った。
そして相手のスキを見逃さず自分たちはスキを作らない。
ブラジルは派手でもスキはあったからね。
そこを突けるようになった日本は急成長ですが。
自分達でも崩せるようになったしね!

ドイツに来て世界仕様に変化を遂げた日本。
自分の本音を言えばW杯グループリーグでブラジルとアルゼンチンとは同じ組に入ってほしくない。
できれば、トーナメントで当たりたい。

さて、今度は東アジアでどう戦うのか?
福西、加地そしてメキシコ戦は?だったが中村。
当たりの大会だったね。
中田は流石のプレーだったけど。(カタールに行くなよ)
大黒も世界とやれる自信付いただろうし。
そうすると小野のポジションがどこになるのかな?
サントスのトコしかないな…
[PR]

by ipusirom | 2005-06-23 17:15 | SOCCER