ドイツW杯南米予選【アルゼンチン対ブラジル】


アルゼンチンは9大会連続出場=宿敵ブラジルに快勝-サッカーW杯予選

 【サンパウロ8日時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会南米予選は8日、各地で4試合を行い、首位アルゼンチンが地元で2位ブラジルを3-1で退け、勝ち点を31に伸ばして4位以内を確定、9大会連続14度目の本大会出場を決めた。ブラジルは勝ち点27のまま。
 アルゼンチンはスピードあふれる攻めで序盤から圧倒し、開始早々にクレスポが先制点を奪うと、前半で3得点。後半のブラジルの猛攻をロベルトカルロスのFKによる1点に抑えた。
 3位エクアドルはコロンビアに完敗して勝ち点23のまま。4位パラグアイはボリビアに快勝して同22とした。 
                               ヤフースポーツニュースより

ちなみに南米予選の経過はこんな感じ

ここ数年ブラジルはアルゼンチンホーム(ブエノスアイレス)では勝ってないので、
アルゼンチンの勝ちかな?と予想してましたが。
それとブラジルは予選ではあまりモチベーションが上がらないのか、
圧倒的な力は発揮しないので。

クレスポはミランに来てから調子良いですね~
どんな試合でも出場すれば得点してる気がする。
本人ミランに残りたい希望だがチェルシーは許さないのかな?
[PR]

by ipusirom | 2005-06-09 13:01 | SOCCER