全仏オープンテニス

チョットいいもの魅せてもらいました。

トミー・ロブレド(スペイン・第15シード)     マラト・サフィン(ロシア・第3シード)

               ○7     1セット     5
                 1     2セット     6○
               ○6     3セット     1
                 4     4セット     6○
                 7     5セット     6


このセットと言うかこのゲームを落とすとトミーのベスト8進出になるわけだが。
トミーのサービスで、0ー30とサフィンにリードされてる場面。
ファーストサーブを打ったトミーの打球はラインズマンはフォルトのジャッジ。

この場面でファーストサーブを外すのはサフィンにとってかなりと言うか反撃のチャンスなわけです。
しかしサフィン、その判定をサーブは入っていたと訂正させる
それでトミーのファーストサーブをやり直し。
それでそのまま第5セット、第14ゲームを落として
第5セット、8-6でトミーが取り
セットカウント3-2でサフィンが試合に負けるわけですが…

賛否両論だろうけど、プロとしては?なんだろうけど、私は非常に清々しさを感じました。
コートの外では暴れん坊(いろいろな意味で)らしいけど、
この大会前の全豪(オーストラリアオープン)での活躍(優勝)といい、この件といい、魅せられてしまってるな☆Y(^^ )
[PR]

by ipusirom | 2005-05-31 04:25 | SPORTS