ロマンシング・ストーン

主な出演
マイケル・ダグラス
キャスリーン・ターナー
監督はなんと
ロバート・ゼメキスです。

内容は「インディー・ジョーンズ」と似てますが、
それの女性版と言った意見が多いようです。
こちらの方が何かと単純です。(たとえば罠とか)

主役はマイケルではありません。
キャスリンの方です。
マイケルは約1/3過ぎてようやく登場です。
しかし、昔でもマイケル・ダグラスはマイケル・ダグラスでした。
ベットシーンがあるとは・・・やはり「危険な情事」

くわしくはこちら手抜きです。
と、言ってもつまらなかった訳ではありません。
冒険活劇は好みだからかもしれないけど・・・

かなり昔「ナイルの宝石」は見ていたのですが、
こちらは見逃してました。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-17 16:05 | MOVIE