着信アリ

レンタルしてきました。
自分の携帯に自分の電話番号で予告死亡時刻とどんな死に方をするかが
送信されてくると言う現代ならではのホラー映画ですが、
目に見えない何者かにと言う部分が曖昧で
あまり恐いという部分では楽しめませんでした。
呪怨シリーズと一緒ですね。
怪物的な者が出てきて引き込まれてしまうといったパターンが今のホラーなのかな?

この数年で一番恐かったのは個人的には「リング」ですが
これは恐かった!
原因不明が続き、それを一つ一つルートを辿っていき、やっと解決したと思ったら
それが勘違いで、最後に死者がどうして変な顔して死んでたかが分かるのですが
最後にテレビから貞子が出てきて、変な身体の動き、顔が隠れた長い髪。
存在が本当に恐かった。
もっとも続編は全部期待ハズレでしたが・・・

原因を辿って行くという点では「着信アリ」もそうですが、人の殺人シーンが
あんなにはっきり出ては恐怖は半分です。
そういう点では韓国映画の「ボイス」の方が面白かったです。

その韓国ですが「着信アリ」の殺人のルートはなんと韓国から発信されてると言う
パート2があるらしいです。
たしかに最後曖昧に終わりましたが、その辺りが解明されると秋元康が行ってました。
そしてパート3もと匂わせてましたよ。
[PR]

by ipusirom | 2004-09-15 23:34 | MOVIE