バンジージャンプする

b0013478_16323553.jpg公式サイト




先月亡くなられたイ・ウンジュさんの作品を東京まで上京し見てきました。
ノーデーターで観に行ったのでストーリーは分からず、じっくり観賞しましたさ。
したらば、ウンジュさん半分くらいしか現れません。
まっ、主役がイ・ビョンホンさんですから。

前半
主人公(ソ・インウ)とヒロイン(イン・テヒ)の運命の出逢いから主人公が兵役するまで。
雨の日にいきなりインウの傘に入り込んできたテヒは“バス停までお願い”と言う。
たちまち一目惚れしてしまったインウは、また逢えないかとそのバス停で待ち伏せをするが待ち人は現れず…
ところが数日あったある日、偶然にも校内で彼女を見かける。
彼女は同じ大学に通う、美術科の生徒だったのだ。
その日から自分の勉強も疎かに彼女の科の遣い走りに精を出す毎日。
それでもあまり彼女とは話が出来ない。
そんな時自分の教室から校内を見ていたインウは彼女の姿を発見し飛び出す。
美術品を抱えていた彼女の靴紐を直し、ぎこちなく帰ろうとして振り
“魔法をかけました。小指を立ててしまう魔法を”と。
それから二人は付き合うように。

後半
いきなり数十年後、インウは高校の教師に。
そこで男子クラスの担任になるのだが、1人の生徒に興味が…
惹かれた理由はその生徒の言葉がテヒとの想い出をよみがえらせる。何故?


この後はちと???なので…
時代背景が行ったり来たりするので、なんでこんな事?
と思うことは後から分かるのですが、ラストがイタダケナイ。
面白い内容とは思うけど、お国柄なのかな?
輪廻転生で男と女で生まれてくる確立は???

しかし、この作品でもウンジュさん亡くなってしまう…
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

by ipusirom | 2005-04-02 17:16 | MOVIE