かたちあるもの

夜空に消えてく星の声
儚げに光る鈍色(にびいろ)の月
二人で泳いだ海は何故
束の間に色変えてゆくんだろう

このまま眠ってしまいたくない…
あなたをまだ感じてたい…

もしもあなたが寂しい時に
ただそばにいることさえできないけど
失くす傷みを知ったあなたは
ほかの愛を掴めるそう祈っている…

いつかあなたが夜に迷い
ふとあの日を見つめかえすなら
眩しすぎる太陽の中で
微笑む私を思ってね

重ね合わせてゆく「好き」のつよさ
泣くことさえ愛に変えた…

強がる愛の弱さ両手に
抱えてもろい絆を確かめてた
でもこの今(とき)を生きるあなたを
ずっとずっと見守る my love その心に…

泣きたいときや苦しいときは
私を思いだしてくれればいい
寄り添える場所遠い夏の日
温もり 生きる喜び
全ての心に…。




さっそく借りてきた。

ちょっとした事情で左手オンリーのタイピングの練習もかねて
作詞を打ってみた。

リピートエンドレスで聞いてると、何故かハマってくる。
ドラマが始まった時は平井堅の「瞳をとじて」の方が断然良いと思ったものだが
全部聞いてみると、「かたちあるもの」も中々。

柴咲コウ
歌手として嫌いじゃないけど、小説のコメントして世界の~に関わりすぎ
な部分が好きになれなかったんだけど、相方の意見も考慮して
借りてきたが、男の俺でも歌えそうな音域かな?
自分、キー高いんです○○

だって、映画の大沢たかお&柴咲コウと、ドラマの緒方直人&桜井幸子要らないでしょ!
と、どこまでいっても原作好きなのであった!
[PR]

by ipusirom | 2004-09-12 00:18 | MUSIC