ワールドカップ アジア最終予選【対北朝鮮】

日本代表 2-1 朝鮮民主主義人民共和国代表

辛勝だろうが何だろうが勝ちは勝ち。
勝ち点3ゲットだ!

得点者
小笠原 満男(4分)
大黒 将志(91分)




予想以上の苦戦でした。
だってアジアの最終予選だよ。楽な試合なんてアルわけない!
勝つとは思ってたけど、こんなにもつれるとは…

北朝鮮。思った以上に強かったんですね。
しかもかなりの攻撃力。
さすが1次予選突破しただけの事はある。
しか~し
ディフェンスがね…
特にキーパー。
キャッチできない、パンチングもナイスパス!
よく流れからの得点を1点に抑えたもんだ(日本がシュートの精度悪すぎだ)
小笠原のフリーキックはしょうがない(ナイスゴールだ!)
あとイエロー貰いすぎだ。

よって日本の苦戦は自分自身で蒔いた種って言う事。
この試合の明暗はキーパーだね。
日本の1失点は川口の責任では無いと私は思う。
ゴール前あれだけの敵が要ればクロスを警戒するでしょ。
撃った相手のシュートが良かったんよ。

今日は相手のキーパーに感謝しよう!
ありがとうと~♪
[PR]

by ipusirom | 2005-02-10 00:51 | SOCCER