No Music No Life

自分にとって“No Music No Life”は尾崎豊だが、
尾崎が亡くなった時、ある先輩がカラオケに付き合ってくれた。

その時に、その先輩が『俺にとってお前の尾崎みたいな存在は清志郎だ』
と言った。

カリを返すときが来たので、昨日コラボった。
しかし、その先輩は清志郎の歌は歌わなかった。
それは17年前の俺と同じだった。
また今度だね。

日本のロックシーンの基の人とか言われてるが、何処にでも生える雑草のような人だったんじゃないかな?
“俺の音楽は場所を選らばねえー”みたいな。
だからあっちでもヨロシクやってんるんじゃないかと!
先輩の言葉だ
[PR]

by ipusirom | 2009-05-05 00:49 | MUSIC