2009J開幕vs鹿島(A)

鹿島 2-0 浦和



いや~鹿島強いですね!
あのカウンター見せられたら、攻めてても恐い。
それと全員守備意識が高いから、ゴール手前までしか行けない。
攻守の切り替えも早いし、走力もあるし、マルキーニョスは手がつけられないし。
と、鹿島の良い所ばかり目立ってしまって・・・

うちは今までとはまったく違うショートパス主体の繋げるサッカーですが。
あるスポーツ番組ではショートショート、ロングと監督は指示していたのですが、
この試合ではショートショートショートばかりで展開力がなく、
常にハイプレッシャーの中でプレーしているので最終的に精度が悪くなり奪われるシーンが多い。

そして両翼が高い位置にいるので、全盛期のジェフの2バックのような形になり、
しかし走力がついてないのでそこを突かれると非常に脆く、相手に数的優位を作られてしまう。
しかも相手の陣地に深く侵入するでもなく、ただパスサッカーに吸収されるばかりで、
攻撃にアクセントがつけられない。
これは達也にも言えることなんだけど、裏への飛び出しがまったくなく良さが半減である。
逆に飛び出さないのなら、原口と達也のポジションを変えて原口に攻撃だけ考えさせてやった方がいい。

フィンケ政権始まったばかりなので、しばらくは精悍です。
攻守の切り替えと、ゲームを全員で読めるようになるまではかなり掛かると思うので、
今シーズンはベースを築いてほしいです。
あまり勝てないとサポじゃなくて選手の方が我慢できなさそうだ。

しかし、ドン引きで鹿島には効果的だったんだから、開幕はアウェイ戦術で
受身で良かったんじゃないかと終わってから思った。
結果論ですがね(-ω-)
[PR]

by ipusirom | 2009-03-08 12:04 | REDS